不動産を購入する時にはローンを組むことがほとんどです。しかし、そのことでトラブルになることもあります。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産会社の人はローンの説明はしません

不動産は物件を探して提供するもの
不動産を購入する時にはローンを組むことになるとケースがほとんどだと思います。一生のうち一番高い買い物でもあるし、住宅価格3千万円を一括で支払える人はそうはいないからです。その時に住宅ローンを組む時は誰に相談しているのかを考えたとき一番多いのがその不動産を購入する時の不動産会社の社員の人ではないかと思います。なぜかというと不動産を購入する時によく話をしているので住宅ローンのことについても相談しやすからではないかと思います。しかし、不動産会社の社員の人の仕事といえば不動産を販売するというものです。なので仕事以外のことを真剣に伝えるということは考え辛いです。また、不動産会社も銀行などから融資を受けているケースもあるのでその銀行などに住宅ローンの申請を出さないといけない場合もあるようです。なので不動産を購入する人の意向とは違ったローンになることもあります。なので当初支払いが少なくて済む変動金利を勧めることが多いようです。

変動金利は当初の金利が低いのですが社会の経済状況などで金利が変動し、金利が高くなることも考えられます。もし、金利が高くなったしまった時に支払いが増え、支払いが困難になると本末転倒ではないかと思います。今そういったことで購入者と不動産会社でトラブルになるケースも増えてきているようですが、結局は住宅ローンを借り入れした人の責任となりますので、借入をする時は自分自身で十分に検討しないといけないと思います。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.