不動産の問題であるのは、隣の家の樹木が伸びてくることです。本人に伝えるか、裁判所から請求してもらいます。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産の問題で隣の家から樹木が伸びてくる

不動産は物件を探して提供するもの
隣の家の木に毎年柿がなっています。秋ごろになるとオレンジ色に熟してきます。美味しそうです。でもなかなか収穫されようとはしません。かなり自然に落ちているようです。もったいないと思ったものです。あるとき、その木がどんどん成長してきました。そして枝が我が家の境界に入ってきたのです。その時、枝の先に柿がなっていました。これはもしかしたら美味しそうな柿にありつけると考えました。この時柿を自分で取ったりすれば問題です。

そして、勝手に枝を切り取ったりしても問題になります。不動産の問題においては、自然物について発生することがあります。もし枝が伸びてきて気になるようであれば、切ってもらうように言いましょう。言うこと自体は特に問題はありません。その時、切ってもらえなかったらどうなるかです。この時には裁判をして切ってもらうように請求してもらいます。この時には相手に費用を持ってもらうように請求することができます。しかし却下されました。

実際の絵だといいますと、ほんの少し出ているだけです。それによってこちらの家になにか大きな害が発生しているわけではありません。この時には請求自体が却下されることもあります。うまくやっていくことを考えましょう。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.