不動産の問題で、了解していないのに隣が境界ギリギリに建物を建てました。建設中に工事の変更を伝えましょう

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産の問題で隣での住宅が境界ギリギリに建てられている

不動産は物件を探して提供するもの
鉄道などで長い椅子に座ることがあります。乗客があまり座っていない時はゆっくりと座りたいものです。隣の人と適度に間隔を開けて座ることがあります。もちろん満員など人が多い時はできるだけ詰めます。隙間が内容にして座ることがあります。でも、余裕があるのにそこまでつめる必要はありません。あるときあまりに詰めてこられるのでもう少し横に寄ってもらえないかと伝えたことがあります。自分から移動して対処することもあります。

不動産においては、建物を建てるとき、法律で決められていることがあります。それは境界から50センチ話して建てなければいけないとされるものです。これに関しては例外があって、隣の人が了解をすればギリギリでも良いとされることがあります。この隣の人の了解については、実際に隣に話しに行って了解を取り付ける事があります。これが一番間違いありません。問題が起きやすいのが強行的に建設する方法です。そして隣が何も行って来ませんでした。

何も行ってこなければ、それで了解したとみなされることがあります。気になるのであれば、建設中であったり、着工してから1年以内であれば工事の中止や変更を伝えることができます。そうしないと了解したとみなされます。

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.