不動産の境界において、もめやすいことがあります。昔に設定され、その基準がなくなっている事があります。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産の境界でもめやすい理由

不動産は物件を探して提供するもの
一度来た場所について、忘れないように目印を決めておくことがあります。たまたまそこに止まっていた自動車や自転車を目印にしたらどうでしょうか。当然すぐにそれらはどこかに行ってしまうでしょう。目印として役に立ちません。建物だったらいいとコンビニを目印にしました。これも難しいところです。10年や20年のスパンになると同じお店がそこで営業しているかどうかはわかりません。何を目印にするかで、違ってくることがあります。

現在において、不動産の境界においては、きちんと印をつけていると思います。地面に矢印がついていて、この部分が境界線とわかるようになっています。間に塀があるとすれば、ちょうど塀のどまんなかに境界が設定されていました。このようになっていればよいのですが、全国においては境界でもめることが多いとのことです。どのようにしているからでしょうか。あるところにおいては、境界の目印として杉の木を設定していたとのことです。

杉の木が立っているときは良かったのですが、いつの間にか切り倒され、根ごとなくなってしまいました。そうなると目印がなくなり、互いにいいように主張し合うようになってしまうのです。今どのようになっているかを知っておきましょう。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.