不動産取引の説明において、私道負担について重要事項説明で話を聞きます。将来の負担についても聞きます。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産取引の説明で受ける私道負担

不動産は物件を探して提供するもの
自分自身が購入する土地の前の道路が公道の場合、特に問題なく道路を使うことができます。自分自身だけでなく、他の人も自由に使うことができます。公道だからです。自由とは言っても勝手に物を建てたり、車を置いていいわけではありません。自由に道路として使って良いことになります。公道だと楽なのですが、私道のことがあります。公の道路でない場合になります。私道によっては、何らかの負担をしなければいけないこともあります。

不動産を購入するとき、私道に関することは重要事項において説明されなければいけません。もしこの事実があるのにされないとなると、後でこの事を理由に契約の解除が可能になります。まず、私道があるけども特に負担がない場合です。この時には負担がないとあるだけです。問題は負担があるときです。どのような負担になっているか、金銭的なものが記載されていることもありますし、面積などが記載されていることもあるようです。それに基づいて取引をします。

負担がある場合には、現在において負担するものと、将来負担しなければいけないものがあるならそちらも記載する必要があるとされます。決まっていることについては、全てその時に確認しておかなければいけません。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.