不動産の登記簿で、建物の状況がわかります。種類や構造、建てられた日付なども知ることができます。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産登記簿で建物の状況がわかる

不動産は物件を探して提供するもの
中古の商品であったり、新古品を購入することがあります。この時、これらが発売された時期が気になることがあります。新しいのであればよいですが、古いのであれば考えなおしたい場合があるのです。インターネットで商品番号などを入力すると、メーカーのホームページに飛んで発売時期がわかることがあります。そこには発売された当初の情報もありますから、性能などについても細かく記載されているかもしれません。買うときの情報になります。

中古の不動産を購入するとき、その建物がどういった構造をしていて何時頃建てられたかを知りたいことがあります。恐らく広告には情報が記載されていると思いますが、本当にその情報で問題ないかを確認する必要があります。虚偽ではなくても、ちょっとした手違いで誤って記載されるかもしれません。また、登記簿には情報が満載ですから、それを確認する意味でも見ておいたほうが良いのです。種類には居宅とありました。問題なさそうです。

構造に関しては、木造や鉄骨などになります。瓦葺き、平屋建てなどまで記載されることがあります。その通りかどうか調べます。原因及びその日付の部分に新築とあれば、その建物が建てられた日付についてわかります。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.