不動産登記では、原因及びその日付の欄があります。登記される原因となったことと日付が書かれています。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産登記における原因及びその日付

不動産は物件を探して提供するもの
データベースを作成するときなどに、過去のデータを辿って行きたいことがあります。そうすることによって、問題が発生した時の原因を追求するためです。そのようにしようと思えば、何らかの変更をした時にその原因などを記入しておくとよいでしょう。何が原因でこのようなことをしたかなどです。その日付などを記入しておけば、その記入日周辺のデータを検索することで何らかの問題の手がかりになることがあります。何もなければ、膨大な中から解決方法を探さなければいけません。

不動産登記の書類を見ていますと、原因及び日付と記載されている欄があります。日付が書かれていて、分筆とあります。その下に登記の日付とあり、原因及び日付とは違う日付が書かれています。近い時もありますし、かなり離れている時もあります。これらについては何を意味しているのでしょうか。原因及び日付に関してはそのままです。その原因に書かれていることがその日付に行われたことを表します。それ以降何もなければその状態が維持されているのです。

登記の日付は、その登記をした日付です。過去の事柄について、後で登記をした場合は、原因発生時と登記日とでは差が出てくることになります。登記の日付に関しては特に気にする必要はないでしょう。

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.