不動産、例えばマンションでは住民みんなで使っている物がありますよね。それが、共益費により保たれています。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産の共益費についての考え方

不動産は物件を探して提供するもの
不動産の契約をする場合には色々なお金が必要になって来ます。その中の一つとしては、共益費、いわゆる管理費と呼ばれる物があります。しかしそれまで、賃貸等に縁が無かった人にとっては分からない事ばかりなのは間違い無いのではないでしょうか。この共益費についてなのですけれども、建物の共用部分がありますよね。例えばマンションならば、エレベーターや階段がそうなって来るでしょう。他にも共用灯等がありますし、オートロックもあります。こういった物は、住民みんなで使っている物ですよね。そうしたお金に使われるのが共益費と呼ばれる物なのです。どういった使い方をされるのかは、その物件毎に違うかもしれませんが、基本的には、例えば電気代や、清掃代、メンテナンス代金に充てられる費用になっているのです。日本全国各地、この費用は算定式が決まっていません。大家さんや管理会社によって変わって来るのです。

契約をする時には家賃と契約費を足して、賃料と考えた方が良いのではないでしょうか。そういった事をきちんと考えながら、どれぐらい賃料がかかるのか、計算をしていく必要があるのではないでっしょうか。これはとても大きなポイントになっているのは言うまでもありません。

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.