不動産用語の敷金なのですけれども、保証金とも呼ばれています。家賃の滞納、修繕費で使われる物なのです。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産用語の敷金について

不動産は物件を探して提供するもの
不動産の賃貸物件を契約する時には、様々な専門用語を覚えておかなければならないと思います。その専門用語の中には、例えば一般的にも良く耳にする言葉があると思います。その一つとしては、例えば、敷金と呼ばれる物があるのではないでしょうか。この敷金なのですけれども、どのような物なのでしょう。保証金と呼ばれる事もあるお金なのですけれども、これは大家さんに預ける物と考えておけば良いと思います。地域や、店舗については保証金とも呼ばれるのですけれども、例えば、入居者の方が、家賃を滞納してしまいますよね。家賃を滞納されてしまったら大家さんとしては大ダメージなのは間違い無いと思います。大家さんとしては、やはり、きちんと保険を取っておかなければならないのではないでしょうか。そういった保険が、敷金と思っても良いかもしれません。そしてこの敷金なのですけれども、家賃の滞納だけで使われる訳ではないのです。

例えば、部屋から退去する事もあるかもしれません。その時に、もし、何か部屋が壊れていたならば、その修繕費として、使用されるのです。そして、残ったお金が返還されるという仕組みになっているのです。これが、敷金の仕組みになっているのです。

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.