不動産用語には礼金という言葉があります。これは、部屋を貸してくれた事に関する感謝のお金なのです。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産用語の礼金について

不動産は物件を探して提供するもの
不動産用語として、良く聞く言葉があると思います。その一つとして、礼金と呼ばれる物があると思います。しかしこの礼金は、どういった物なのか、分からないという方も大勢おられるのではないでしょうか。この礼金なのですけれども、昔ながらの慣習と思っていれば良いと思います。この礼金なのですけれども、大家さんに対するお礼と考えておけば良いのではないでしょうか。つまり部屋を貸してくれてありがとうございますという感謝の意味が込められているのです。ただ、現在は、この礼金は必要無いのではないかという考え方も出て来ているのも事実なのです。現状では、空き部屋も多くなっています。礼金を取っていると、入居者が来ないので、礼金を取らないという方針を取っている大家さんも増加しているようです。そして、この礼金なのですけれども、更新料と共通している部分があるのです。どういった事かというと、住宅金融公庫融資物件の事なのです。

つまり住宅金融公庫融資物件にも、この礼金は必要無いのです。ただ、礼金なのですけれども、無かったら無かったで、大家さんが他の部分でお金を取り、プラマイゼロという場合もありますので、礼金が無いからと言って油断してはいけないでしょう。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.