不動産用語で仲介手数料と呼ばれる物があります。仲介を受けた人が不動産会社に支払う手数料の事です。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産用語の仲介手数料について

不動産は物件を探して提供するもの
不動産には様々な専門用語が飛び交うと思います。専門用語についてきちんと確認をしておかなければなりません。専門用語が分からなければ、どんなに説明をされても、ちんぷんかんぷんという事にもなってしまうかもしれません。それも注意しなければならないのではないでしょうか。まず、専門用語として良く出て来る言葉があります。それが仲介手数料と呼ばれる物ですよね。この仲介手数料なのですけれども、仲介を受けた人が居た場合、例えば契約者や大家さんなのですけれども、それが、仲介をしてくれた人に支払う手数料になって来るのです。ただ、この仲介手数料も制限があるので注意しなければなりません。この手数料なのですけれども、契約者や、大家双方合計金額が、家賃の一ヶ月分を超えてはならないと決められているのです。いわゆる宅地取引業法で決められていますので、ここは要チェックをしておかなければならないのではないでしょうか。

不動産会社としては仲介手数料によって利益を得ているという所があります。そして仲介手数料というのはなかなか金額的には大きな物になっているのです。そこをちゃんと考えて、どれぐらいの仲介手数料なのか確認して、賃貸ならば選んでいきましょう。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.