不動産会社の売買や、仲介業を行う為には、宅地建物取引業の免許番号が必要ですので、確認しましょう。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産会社の宅地建物取引業の免許について

不動産は物件を探して提供するもの
不動産会社は信頼出来る物で無ければならないと思います。その場合、不動産会社の基本的な情報を調べる必要があると思います。では、どういった所で調べられるのかというと、例えば、インターネットや行政機関などで、調べる事が出来るのです。ただ、宅地建物取引業者の場合です。自分の住まいを考えるに当たってはやはり、不動産会社に仲介を依頼しなければならないと思います。きちんと確認を取っておかなければならないのではないでしょうか。そして、不動産会社から、直接住まいを借りる場合ですと、田内建物取引業法の規制というのは無いのです。ただ、不動産会社の多くは宅地建物取引業者です。参考まで、調べておくのが良いのではないでしょうか。宅地建物取引業の場合、免許番号というのがありますので、これがある業者かどうかをきちんと調べておかなければならないのではないでしょうか。基本的に大手の業者の場合は国土交通大臣の免許が必要です。

そして一つの都道府県にのみ事務所を構える会社は、都道府県知事の免許で業務を行って居ます。免許番号は不動産広告にも記載されていると思います。きちんと確認をしておく事が重要になって来るのではないでしょうか。きちんとチェックしましょう。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.