不動産の住宅ローンには頭金というものがあります。それを多く払った方が金利など優遇されると言えます。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産の住宅ローンの賢い組み方について

不動産は物件を探して提供するもの
不動産の住宅ローンというのはいろいろな組み方をすることができます。一つではないということが重要です。銀行によって違いはあるのでしょうが、基本的に自己資金が多い、つまり頭金をたくさん用意できるという場合には優遇してもらえます。金融機関の方で信用が上がるという形になるでしょう。全体の住宅購入費用の2割以上の頭金を用意することで、有利な金利になったり、保証料が不必要になったりします。要するに、全額ローンで払うという形に近ければ近い程、不利な形になってしまうということなのです。

また頭金が多い程、住宅ローンの審査に通りやすいですので、最初に払える分は払った方が良いと言えます。これは一見、金融機関が得をしないのではないかと思われるかもしれません。何故なら、より多くのお金を借りてもらった方が、より多くの金利が取れるということがあるからです。しかし、金融機関は確実に返してくれる相手に融資したいという考えがあるので、頭金をしっかりと用意できる人を優遇したいと通常は考えます。信用度の問題であると言えるでしょう。また頭金は多ければ多い程、良いと言えますが、余り無理をして用意しても日常生活があると思いますので、無理をしすぎてはいけないでしょう。出来る限りというよりは余裕を持って考えた方が良いかと言えます。

Recommend

Copyright (C)2017不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.